コマンド別解説

pushdとpopd(履歴を残してフォルダの移動)

>>pushdのオプション簡易解説へ

目次

 

「pushd」と「popd」コマンドの使い方

「pushd」と「popd」コマンドは、フォルダ間の移動を行うコマンドであり、二つペアとして機能を発揮します。

フォルダ間の移動を行うコマンドに「cd」コマンドがあります。「cd」コマンドと違う点は、「pushd」コマンドと「popd」コマンドを使えば移動してきた履歴を利用してフォルダ間の移動が行えることです。

 

まずは「pushd」コマンドでフォルダの移動を行います。実行方法は「cd」コマンドと同様に、

とします。

例えば、「test」フォルダに移動する場合は、

です。以下、実行結果です。

pushdとpopd(履歴を残してフォルダの移動) 「pushd」コマンドを利用したフォルダの移動

 

「popd」コマンドは前にいたフォルダに戻ります。ただし、過去のフォルダ間の移動が「pushd」コマンドが使われている必要があります。

前の「pushd test」コマンドに続けて、「popd」コマンドを実行しましょう。「popd」コマンドには何も指定する必要はありません。

以下、実行結果です。

pushdとpopd(履歴を残してフォルダの移動) 「popd」コマンドで前のフォルダへ戻る

前にいたフォルダに戻りました。

 

このように、「pushd」コマンドで移動したときはそのフォルダ情報を履歴に残していき、「popd」コマンドはその履歴を利用して、前のフォルダに移動します。webブラウザでいうところの「戻る」ボタンのようなものです。

 

複数回「pushd」と「popd」コマンドを使った例

では、「pushd」コマンドで複数回フォルダを移動したときを考えてみましょう。

「test」フォルダに移動した後、一つ前のフォルダに戻って、「temp」フォルダに移ります。これを、すべて「pushd」コマンドで行います。

以下、実行結果です。

pushdとpopd(履歴を残してフォルダの移動) 「pushd」コマンドを複数回使用

では、「popd」コマンドで戻ります。「popd」コマンドを3回実行しましょう。

以下、実行結果です(前の「pushd」コマンドに続けて入力した結果を示しています)。

pushdとpopd(履歴を残してフォルダの移動) 「popd」コマンドを複数回使用

履歴を辿って、どんどん前のフォルダに戻っていることが分かります。

ここまでのフォルダの移動をまとめると、

【まずは、「pushd」コマンドを3回実行】
test → 元のフォルダ → temp
【その後、「popd」コマンドを3回実行】
temp → 元のフォルダ → test

となっています。

Windowsバッチファイル初心者へ向けた入門書を作成しました


Windowsバッチファイル初心者の方へ向けた入門書(PDF)を作成しました。


・初めてWindowsバッチファイルを勉強してみようと思っている方

・使ったことはあるが一から基礎を学び直したい方


へ向けて丁寧な解説を行っています。


「全くプログラムを知らない方でも、この入門書を読んだ後には、Windowsバッチファイルの中級者レベルになれるように」をコンセプトに執筆したものです。


この本を読めば、バッチファイルを使ったファイルやフォルダの操作に関しては一通りのことができるようになります。そうなればもう十分中級者と呼べるレベルですので、あとは自分のやりたいことを実現しようとする中で徐々に知識を蓄えていくだけですぐに上級者へなれるでしょう。


詳しくみる

関連ページ

コメントを残す