Windowsバッチファイルの入門書(PDFファイル)「Windowsバッチファイル入門 -知識ゼロから中級レベルを目指す-」

概略

タイトル Windowsバッチファイル入門 -知識ゼロから中級レベルを目指す-
ページ数 151ページ
価格 600円
形式 PDF
内容の簡単な説明  Windowsバッチファイルに関して、全く使ったことがない初心者の方、もしくは簡単に使用した経験はあるがもっと詳しく知りたい方へ向けた入門書です。パソコンの設定方法から始まり、最終的には自分でバッチファイルを作れるような中級者レベルを目指します。

 

 

 

 

 

 

内容説明

「Windowsバッチファイル入門 -知識ゼロから中級レベルを目指す-」はWindowsバッチファイルの知識が全くない方、パソコン操作がそんなに得意ではない方にも必ず分かるように丁寧な解説を心掛けて書いたWindowsバッチファイルの入門書です。

この本は、

  • Windowsバッチファイルに興味があるが、何から始めていいのか分からない初心者の方
  • Windowsバッチファイルを少しは使ったことはあるが、もっと知識を広げたい方
  • Windowsバッチファイルのことは全く知らないけれど、パソコン操作の自動化に興味があり、バッチファイルでどんなことができるか知りたい方

に向けた内容となっています。

まず、バッチファイルを使用するためのパソコンの設定方法から始め、実際に業務などで使えるバッチファイルを作りながら学んでいきます。作ったバッチファイルはそのまま仕事で使って頂くことができる例も多く掲載されています。

本書は、読者が読み終わったとき、バッチファイルの初心者を脱して中級者となっていることを目標としています。

本書で学ぶ内容は、

  • 第1章 バッチを使う環境を整える
  • 第2章 ファイル比較バッチの作成(前編)
  • 第3章 ファイル比較バッチの作成(後編)
  • 第4章 特定のファイルをコピーして集める
  • 第5章 変数と簡単な演算
  • 第6章 ファイル名に日付を加える
  • 第7章 ユーザが処理を選べるようにする
  • 第8章 ファイル名に日付を加える(改良編)
  • 第9章 ファイル内の文字列を置換する
  • 第10章 ラベルでプログラムをまとめる
  • 第11章 ファイル名を一括変換する
  • 第12章 コメントアウトを使ってメモを取る
  • 第13章 バッチファイル内でバッチファイルを呼び出す
  • 各章の問題集 ※各章の重要なポイントを問題を解くことによって使える力に変えていきます。

となっており、全111ページの内容量です。

内容サンプル

第1章では、パソコンをバッチファイルが使いやすい環境にするための手順を画像を使用して、丁寧に解説しています(以下、画像例)。

バッチファイル入門書の画像例①

第2章以降では、実際にバッチファイルを作りながらコードの解説や実行時に表示される画面の説明を画像を交えて丁寧に解説しています(以下、画像例)。

バッチファイル入門書画像例②

 

もっと詳しく内容が見たい方は、以下の「Windowsバッチファイル入門 -知識ゼロから中級レベルを目指す- (サンプル)」をご覧ください。

「Windowsバッチファイル入門 -知識ゼロから中級レベルを目指す-」の購入はこちらからどうぞ↓

※1 お支払い終了後、24時間以内にPDFファイルを登録メールアドレスにお送りします。万が一、24時間以内にこちらからのメールが届かなかった場合は、お手数ですが「お問い合わせ」までご連絡ください。

※2 PayPalの登録メールアドレスにこちらから送信いたしますが、時々メールがはじかれる場合がございます。登録されているメールアドレスが有効であるかを確認されてからお申込みください。また、受信先のメールアドレスを変更したい場合は「お問い合わせ」からメールアドレスをお伝えください。

 何かご不明な点がございましたら、「お問い合わせ」からお気軽にお尋ねください。