依頼内容の紹介

ファイルを順番に読んで処理していくバッチファイル

依頼内容の概略

ファイルを順番に読んでいき、バッチファイルで順次処理を行っていく。その際、前のファイルの処理が終わってから次のファイルに進む。(Y様より)

 

依頼内容の詳細

txtファイルを処理するバッチファイル「A.bat」があります。n個のファイル「1.txt, 2.txt , 3.txt … n.txt」をバッチファイル「A.bat」に渡していき、順次処理を実行したいです。

ただし、A.batにファイルを渡すときは必ず一つずつ渡していき、一つファイル処理を待ってから次の処理に移ります。以下、バッチファイル処理のイメージ図を示します。

【処理手順】

A.bat 1.txt…1番目の処理

—処理—

A.bat 2.txt…2番目の処理

—処理—

A.bat 3.txt…3番目の処理

—処理—
  ・
  ・
  ・
Abat n.txt…n番目の処理

—処理—

 

弊サイトから回答

以下に、ご要望のバッチファイルを掲載します。まず、「A.bat」はサンプルとして引数として引き渡したファイル内容を表示するプログラムにしました。以下は、バッチファイル「A.bat」の内容です。

 

続いて、 「A.bat」ファイルで「1.txt」から「n.txt」までを順番に読み込み処理を行うバッチファイル(loop_number.bat)を作成します(以下のプログラム)。

現在はn=5と設定しております(4行目)。7行目から12行目のforループで、「%%a」を1から5まで増加させていきそれをファイル名として使用しています。したがって、 このバッチファイルでは処理対象のファイル名が「1.txt」、「2.txt」…のように連番になっている条件下でのみ使用できます。

 

さらに、上記のバッチファイルを改良して、任意のファイル名に対して 順番に処理を行うバッチファイル(loop_filenamelist.bat)を作成しました(以下のプログラム)。

これは処理対象としたいファイル名を「filename_list.txt」に書いておきます。 forループではオプション「/f」を指定しておりファイルに記述してある文字列を順に読み込んでいくループとしています。したがって、「filename_list.txt」ファイルに記述したファイル名に対して処理を順番に実行します。

Windowsバッチファイル初心者へ向けた入門書を作成しました


Windowsバッチファイル初心者の方へ向けた入門書(PDF)を作成しました。


・初めてWindowsバッチファイルを勉強してみようと思っている方

・使ったことはあるが一から基礎を学び直したい方


へ向けて丁寧な解説を行っています。


「全くプログラムを知らない方でも、この入門書を読んだ後には、Windowsバッチファイルの中級者レベルになれるように」をコンセプトに執筆したものです。


この本を読めば、バッチファイルを使ったファイルやフォルダの操作に関しては一通りのことができるようになります。そうなればもう十分中級者と呼べるレベルですので、あとは自分のやりたいことを実現しようとする中で徐々に知識を蓄えていくだけですぐに上級者へなれるでしょう。


詳しくみる

関連ページ

コメントを残す