やりたいこと検索

バッチファイルで乱数を取得する

 

目次

 

乱数を取得する

意外にも、バッチファイルには乱数が用意されています。乱数を利用するには、変数「%random%」を参照します。「%random%」には、0~32767までの数値がランダムに入っています。したがって、

とすれば、0~32767までの数値をランダムで表示できます。以下のバッチファイル(random.bat)はランダムな数字を連続で表示するものです。

以下、実行結果です。

 

1から10までの乱数を取得する

前節では、0~32767までの数値をランダムで表示する方法を示しましたが、任意の範囲の数値をランダムで表示する方法を紹介します。そのためには、変数「random」に、「set」コマンドを使用して簡単な演算処理を行います。

例えば、0~10までの数値をランダムで取得したい場合は、変数「random」に「11」を掛けて「32767」で割ります。以下に、サンプルのバッチファイル(random_0-10.bat)を示します。

4行目から8行目の「set」コマンドでランダム変数「random」に「11」を掛けて「32767」で割っています。これで、0~11の数値をランダムに得ることができます。以下、実行結果です。

 

これと同様に、0~100までの数値をランダムに取得したい場合は、上記のバッチファイルの「11」の部分を「101」に変更すればよいでしょう(random_0-100.bat)。

以下、実行結果です。

Windowsバッチファイル初心者へ向けた入門書を作成しました


Windowsバッチファイル初心者の方へ向けた入門書(PDF)を作成しました。


・初めてWindowsバッチファイルを勉強してみようと思っている方

・使ったことはあるが一から基礎を学び直したい方


へ向けて丁寧な解説を行っています。


「全くプログラムを知らない方でも、この入門書を読んだ後には、Windowsバッチファイルの中級者レベルになれるように」をコンセプトに執筆したものです。


この本を読めば、バッチファイルを使ったファイルやフォルダの操作に関しては一通りのことができるようになります。そうなればもう十分中級者と呼べるレベルですので、あとは自分のやりたいことを実現しようとする中で徐々に知識を蓄えていくだけですぐに上級者へなれるでしょう。


詳しくみる

関連ページ

コメントを残す